Wirexカードのアカウント認証

wirexカードの全ての機能を利用したい場合はアカウント認証を行います。

アカウン認証とは、個人情報とカード所有者の住所をwirexに承認してもらう作業です。
アカウント認証を行わない場合、カード利用に関して限度額が低く抑えられたり、アプリからカードに資金追加ができなかったりと様々な制限が生じます。

ここでは認証済カードを申請するための手順を紹介します。

認証済みカードと未認証カードの主な違い(ドル利用)
認証済みカード 未認証カード
ATM 利用
24時間あたりのATM利用回数(*1) 2回 2回
1回のATM引き出し最大額 $ 1,000 $ 200
24時間あたりのATM引き出し最大額 $ 2,000 不明
両替 (BTCから)
24時間あたりの回数 5回 2回
1回の最大額 $ 10,000 $ 2,000
24時間あたりの最大額 $ 20,000 不明

*1 残高チェックと現金引き出しが含まれます

認証済みカード、未認証カード制限

細かな限度額の違いは以下、公式ページをご参考ください
認証済カードの限度額
未認証カードの限度額

アカウント認証申請

( 1 ) アカウントページへアクセス

wirexカード認証1
まずは、wirexログインページからEmailとパスワードでログインします。
ログイン後、画面右上の「▽」をクリック(自分の名前の右側にあります)、セレクトメニューが表示されるので「Profile」をクリックします

( 2 ) profileページ

wirexカード認証2
画面中央上方に「Unverifed profile」という表示があります。これは、まだアカウント認証が完了していないことを示しています。
認証作業を進めます。画面右側の「Verify my profile」をクリックします

( 3 ) 書類画像をアップロード

wirexカード認証3
身分証明書画像をアップロードします。
「Proof of identity」の欄では、パスポート等の身分証明書、「Proof of address」欄では公共料金の支払い書など現住所が分かる書類画像を用意し、「Select file…」で選択。「Submit for verification」で送信します。

今回は「パスポート」と英文の「バンクステートメント」を提出しました。バンクステートメントはUFJ銀行の窓口で、表記を全て英語にしたものを申請し準備しました(手数料として2,000円くらいかかりました)。

wirexカード認証4
なお、wirexの審査はかなり厳しいです。私の場合、上記書類をそのまま撮影して送っただけでは何度か不承認となりました。
これは私のケースですが、上記画像を送る際、wirexに登録したメールアドレスをメモ用紙に書き、そのメモと一緒に身分証を撮影して送ったところ承認されました。参考までに。

( 4 ) 提出完了

wirexカード認証5
画像を送信すると、Profileページに「Verification in progress」と表示されます。これで、申請完了です。

アカウント認証

( 5 ) 認証完了

wirexカード認証6
Your profileのページで「Verified profile」の文字が表示されたら認証OKです。混み具合にもよりますが、承認処理には通常7〜10営業日かかります。稀に承認作業が止まっていることもあるので2週間以内に完了メールが届かない場合はwirexのサイトから個別に問い合わせしたほうがよいようです。以下は、認証完了時に届くメール内容です

wirexカード認証7

スポンサーリンク
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin