スポンサーリンク

NEO用ウォレット「NEON wallet」の使い方(Mac編)

仮想通貨の「NEO(ネオ)」用ウォレッット「NEON wallet」のインストール方法、および使い方を紹介します。

NEO用ウォレットには、ホットウォレットやPCにインストールして利用できるウォレットなど様々ありますが、ここで紹介する「NEON wallet」はPCにインストールして使用するタイプのウォレットです。

手順はMac用となりますので、その他のOSで利用する場合はMacの部分を読み替えてご参考ください。

インストール方法

(1-1) ダウンロードサイトへアクセス


NEON walletのダウンロードサイトへアクセス。ここではMac用の「Neon-0.2.3.Mac.dmg」をダウンロードします(※2018/5/1時点での最新バージョンはNEON 0.2.3です。)

(1-2) Neonアイコンをアプリケーションフォルダへ


ダウンロードした.dmgファイルを実行するとインストーラが起動します。「Neon」アイコンを「Applications」フォルダへドラッグ&ドロップします

(1-3) ウォレットを起動


「Neon」アイコンをダブクリックして起動します。Macの場合、ダウンロードファイルを実行すると上のように警告ダイヤログが表示される場合があります。開けないときは次手順(1-4)を参考に作業してください

(1-4) 実行許可設定を変更


(1-3)で警告が出る場合は、上記の通り
「システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > このまま開く」を選択後、「開く」ボタンでウォレットを起動できます

(1-5) ウォレットを作成


NEON walletが起動しました。続いて、ウォレットを作成します。「Create a new wallet」をクリックします

(1-6) パスワードを設定


任意のパスワードを「入力欄」「確認入力欄」に入力して「Generate keys」をクリックします

(1-7) ウォレット情報が表示


パスワードや秘密鍵など、ウォレット管理に必要な各種情報が表示されます。この画面は、再び表示させることができないのでしっかりバックアップしておきましょう。

パスワード、公開鍵アドレスなどの文字列は同項目右側の「コピー」ボタンでコピーできます。テキストファイルなどの貼り付け保存しておくことをお勧めします。
アカウント名を任意に設定するとウォレット管理に便利なので入力しておきましょう。
例では「MyNEON」と入力し、「Save Account」をクリックしました。「MyNEON」の文字列は自由に決めてokです。
バックアップがしっかりとれたら、「Back」ボタンで戻ります。これでウォレットの利用準備は完了です。なお、同画面は「Print」ボタンで印刷が可能です

ウォレットのログインと入金アドレスの確認

ウォレットの利用準備ができたので、続いてウォレットの受信アドレスの確認方法を見てきましょう

(2-1) ログイン画面


NEON walletのメイン画面です。ログイン方法は4つの方法から選べます。ここではパスワードを使ったログイン方法「Login using a saved wallet」を使います。同項目を選択してください

(2-2) アカウトとパスワードを入力


「Select a wallet」は、(1-7)の手順で入力したアカウント名を選択。パスワード欄にパスワードを入力して「Login」をクリックします

(2-3) 入金アドレスを表示


「Receive」ボタンを押すと、NEOの受信アドレスが表示。
送信元のウォレットから「Your Public NEO Address」の文字列をコピペして指定するか、QRコードを読み取ることで、本ウォレットにNEOが送金可能です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする